無担保ローンでお金を借りて返せない場合、差し押さえとかされますか?

無担保ローンでお金を借りて返せない場合、差し押さえとかされますか?

無担保ローンで毎月の返済が滞ると、催促の電話や手紙が届きます。

それでも業者側の連絡を無視される方が中にはいらっしゃるようですが(汗)、それは絶対にヤメてください!

例え、今現在、返せるお金がなかったとしても、とりあえず連絡だけは絶対にすること。

無担保ローン業者の方も鬼ではありませんので、ないお金を今スグ返済しろ!なんて無茶なことは言いません。

まあ、中にはヤ○ザまがいの取り立てをする業者もいるのも現実ですが(汗)、少なくともこちらでご案内している無担保ローン業者にはそういったところは一切ありません。

どこも聞けば誰もが知っているような会社ばかりですし、基本的に上場企業ですので、無茶なことはできません。

ただ、こちらの対応があまりにも常識を逸脱した行為なら、いくら優良企業といえども、法的な手段に打って出ることも覚悟しておかなければいけません。

まずは普通に連絡を取り合えば、いきなり財産の差し押さえはなんてことはないのでご心配なく。

キチンと回収できるなら無担保ローンの差し押さえはない

返済が遅れてもちゃんと返せば差し押さえはない

ここではあくまでも、当サイトでご案内しているような優良な無担保ローン業者に限った話です。

最初にも書いたように、今スグ返済ができないからといって、業者側と連絡を取り合わないのは絶対にダメです。

無担保ローンですので、業者側もできればスグに返済してもらいたいと思っていますが、無い袖は振れないというのもわかっていますので、基本的には話し合いによって、今後の返済プランを立てていくことになります。

返済の遅延が一時的なものであれば、その事情を正直にはなし、返済日を伸ばしてもらうことも十分可能です。

しかし、急なリストラで失職など、今後の返済プランが不透明に陥ってしまった場合は、業者側としっかりと話し合うことで解決策を探します。

ただ勘違いしてもらいたくないのは、あくまでも返済プランの見直しということだけであって、返済金額が減ったり、見逃してもらえる、なんてことは「絶対ありません」。

そういったことは【債務整理】になり、相談相手が弁護士や司法書士になってきますので、お間違えなく。

その場合、素人ではできないので、当然、費用もかかってきます。

あくまでも業者側は「キチンと回収する」ことが前提での話し合いになりますので、甘い考えはなくしましょう(笑)

多少遅れても、最後までキチンと回収できるのであれば、無担保ローンでも財産の差し押さえはまずありません。

しかし、幾度の連絡を無視したり、話し合いの上決まった返済プランも守らず全然お金を返さないような状況になってしまったら、いくら優良な無担保ローン業者だったとしても、法に則った債権回収をしかけてくることは覚悟しておきましょう。

具体的には裁判所を通した督促状などですが、あまりに酷いと勤務先や自宅にも連絡が入ったり、場合によっては訪問もあります。

また当然、悪質な遅延や返済意思のないケースの場合は、財産の差し押さえもありますので、とにかく返済を遅らせないことが一番ですが、どうしても遅れる場合は、業者側と綿密に連絡を取り、真摯な対応を心がけてください。

無担保ローン業者にとっていちばん避けたいのは、債務者からの音信不通ですから・・・連絡はしっかりと取り合いましょう。

自分は絶対最後まで借金を返す気がある!という態度を全面に出してコミュニケーションをとることがポイントです。

返済不能になっても無担保ローン業者との話し合いによっては差し押さえを回避できる可能性も

返済ができなくても話し合いで差し押さえを回避できることもある

様々な状況が重なり、ローンの返済が不可能になってしまった場合でも、まだ諦めるのは早いです。

たとえ返済不能になったとしても、いちばん大事なのは、やっぱりコミュニケーションです。

心理的には業者側と連絡取るのはイヤなのはわかりますが、返済ができない状態まで陥ってしまったら、なおさら綿密に連絡をとりあうべきです。

無担保ローン業者側も、返済に遅れたり、中々支払いできないといったケースは何度も経験していますので、いきなり怒鳴られることなんてありませんから、まずは相談してください。

その上で、今後の返済プランを一緒に考えてもらえますし、話し合いの結果によっては、財産の差し押さえを避けられる可能性も十分期待できます。

差し押さえは相手も相当面倒なことになりますので、できれば避けたいのです。

だから話し合いは当然ですし、無視なんてもってのほか!

そんなことしてると、自宅訪問や最悪、勤務先の給料を差し押さえられることもありますので、無視や放置は絶対にヤメてください。

とにかく今の収入からどうやって返済していくかを業者側と話し合って、差し押さえなどの最悪なケースを避けるように心がけてください。

もちろん一番いいのは、毎月滞りなく返済できることですし、またそのような無理のない返済プランを立ててから無担保ローンでお金をかりるべきです。

差し押さえられるか不安になる前に、まずはしっかりと返済プランを立てて返していく

支払が苦しくなるまえに計画的な返済プランを立てる

そもそも、差し押さえの不安を感じる前に、無茶な借入を避けるべきです。

とはいっても、無担保ローン業者からの差し押さえにビクビクしているような方は、既に借り入れしまった後の場合が殆どだと思いますので、まずは返済プランの見直しから始めてください。

例えば、複数の借入先があるなら、返済先を1社に絞ることで、毎月の負担を抑えることができるかもしれません。

いわゆる借金の一本化というものですが、返済先を1社にまとめることで、借金の総額や借入先の金利が下がり、毎月の返済負担が軽減されるというものです。

これは遅延している業者側から提案されることもあります。

ウチで一本化しませんか?などと言われたら、毎月の返済額が減るならお願いした方がいいでしょう。

借金を完済するという点においては一本化はベストな選択です。

その他にも業者側が提案してくれる返済プランをよく検討して、自分が無理なく返せる状況をしっかりと作り出すことが何よりも重要です。

キャッシングというのは借りるより返す方が遥かに大変です。

無理なく毎月返していける程度の融資しか受けないことが、そもそも大事なことなのです。。

ranking

▲ページトップに戻る