無担保ローンにはデメリットもあることを知った上で審査に申し込もう

無担保ローンにはデメリットもあることを知った上で審査に申し込もう

無担保ローンは、個人がキャッシングをする際、非常に便利なものですが、残念ながらデメリットも存在します。

どんなものでもメリットとデメリットが存在すると思いますが、無担保ローンも例外ではありません。

しかしながら、個人融資において無担保ローン以上に使いやすく、また、これ程助かるものはないのも事実です。

非常に便利な無担保ローンですが、わずかに存在するデメリットもキチンと認識した上で利用するのが一番賢い使い方だと思います。

ranking

無担保ローンのデメリット~その①・・・気軽に借りれる

有担保ローンとしてよく挙げられるのが・・・

  1. 住宅ローン
  2. 自動車のディーラーローン(ローン完済まで車が担保になる)
  3. 銀行からの事業資金借入
  4. ろうきん(一部担保必要)
  5. 不動産担保ローン

などがあります。

有名なところでいえば、例えば殆どの方が住宅を購入する際に利用する「住宅ローン」なんかは、借入の際、家や土地が担保になりますので、無担保ローンにはならないんですね。

では、こちらも多くの方が利用するであろう自動車のローンではどうでしょうか。

これは少々複雑になっていて、簡単にいうと、銀行などの自動車ローン(マイカーローン)と車のディーラーローンでは融資の方法が違います。

ディーラーのローンは購入する車自体に担保をつけるので、無担保ローン(総量規制)には当てはまりません(くわしくはコチラで解説しています)。

その他にも銀行のフリーローンは基本的に無担保ローンがほとんどですが、中には担保が必要な「有担保型」も用意している銀行もあり、担保がある分、借り入れできる可能性が高くなり、また融資額も無担保ローンより多めに出資される(中には1億円までのものも!)のが特徴です。

しかし基本的にお金が無い人の場合、そもそも担保になるような資産を持っていませんし、現に、消費者金融や銀行のカードローンで担保が必要になるケースは、個人融資に限っていえば、まずありませんので、殆どの人が無担保ローンを選ぶことになるわけです。

そういった背景から、意外と多くの方が無担保ローンを利用しているという事実があります。

その無担保ローンの中にも

  1. クレジットカード会社(いわゆる信販系)のキャッシングサービス
  2. 消費者金融
  3. 銀行ローン(カードローンや教育ローンなど)

と大きく3つのパターンに別れます。

また、気になる審査の方ですが、無担保ローンは文字通り「担保が必要ない」という意味のローンですので、その分、審査は慎重に行われます。

ただ、審査といっても必要以上に心配することはありません。

各金融業者にもよりますが、パートやアルバイトでも安定した収入があれば、十分お金を借りることは可能です。

また無担保ローンの中には(専業)主婦でも借入できる業者もありますので、急なお金の出費がある主婦の方にも心強い味方となってくれることでしょう!

では次に、もう少し具体的にこの3つの無担保ローンを解説していきます。

無担保ローンのデメリット~その②・・・計画的に利用できないと借金が増える可能性も

クレジットカード会社も少ないですが、キャッシングサービスを展開しているところがあります。

いわゆる「信販系」と呼ばれるものですが、個人的にはこれといった特徴がないというのが印象にあります。

もちろん、信販系の無担保ローンにも即日融資などのメリットがあるところもありますが、だったら別にわざわざクレジットカード会社が運営するキャッシングサービスを利用するまでもありません。

また、商品スペックもハッキリいって消費者金融の2番煎じといった感じで、これといったメリットは見当たりません。

むしろ最近では大手消費者金融の方が金利も低く、最大限度額も上がっていますので、スペックでも信販系無担保ローンは惨敗です。。

さらに管理人が信販系を推奨しない一番の理由は

消費者金融と同じく《総量規制の対象》になっているからです!

だったら商品スペックも劣っていて、消費者金融より即日融資の条件が厳しい、信販系無担保ローンでわざわざキャッシングする必要なんてありませんよね?

ですので、当サイトでは信販系での無担保借入は「非推奨」とさせていただきます。

無担保ローンのデメリット~その③・・・他ローンに比べると金利が高めで限度額も低い

最後の無担保ローンとして挙げるのが「銀行のローン」です。

銀行のローンは大きく分けて、カードローンとその他(例:教育ローンやメディカルローンなど)に分けられます。

教育ローンなどは、いわゆる『目的別ローン』と呼ばれており、これは銀行によって有担保や無担保に分かれているところも多いです。

無担保借入の場合、基本的にはカードローンとの違いは殆どなく、ただ借入用途が定められているだけ、という銀行も多いです。

若干、目的別ローンの方が用途が決まっている分、金利が低く借入できることもあります。

ですので、ここでは多くの人が利用するであろう、銀行カードローンの方にスポット当てて解説していきたいと思います。

銀行カードローンは、貸金業法が改正される前にも存在はしていましたが、現在のような、どの銀行でも取り扱うようになってきたのは、やはり2010年の『貸金業法改正』が大きなきっかけだったと思います。

ではなぜ貸金業法の改正が、銀行カードローンの増大を促進したのか。

それは【総量規制】が大いに関係しているのです。

貸金業法改正によって、今まで消費者金融で借入可能だった人が借りれなくなったのです。。

まとめ・・・デメリットもあるが無担保ローンはやっぱり便利

ここまで無担保ローンのデメリットを大きく3つ紹介してきましたが、正直、さほどデメリットという程のものはないと個人的には思っています。

要は、どうしてもお金が必要になり、自分には担保になるような財産を持っていなければ、必然的に個人向けの無担保ローンで借り入れするしか道は無いわけですから。

ただ、気軽に借りれるからといって、必要以上の金額を借り入れしてしまうと、後で返済が大変になってくる可能性もありますから、そこはやっぱり「ご利用は計画的に」ということでしょうね(笑)

また、デメリット③にある、金利が高めで限度額が低いという話も、最近の銀行カードローン、特にメガバンク系やオリックス銀行カードローンなどは、かなり商品スペックがいいので、こちらもデメリット言うほどではありません。

結局何が言いたいかというと、担保や保証人も必要ない個人向けカードローンは、使い方によってはかなり便利だということです。

ranking

▲ページトップに戻る