ベルーナノーティスの仮審査を受ける前に知っておきたいこと

ベルーナといえば、通信販売でお馴染みですよね。

東証一部に上場している大手企業のカードローンですから、男性はもちろん、ベルーナの通販利用者が多い女性も、安心して借り入れできるが特徴です。

また、ベルーナノーティスの大きなメリットとして挙げられるのが、14日間の無利息サービスです。

初めて利用する方は、借入の翌日より14日間無利息で借入可能!

さらに条件を満たせば、何度でも無利息サービスが適用されるというのも見逃せないポイントです。
(完済後、前回無利息適用の借入日から3ヶ月以上経過していて、再度借入を希望の方)

もちろん無利息期間が終了しても、借入残高が5万円以内の場合、月々の返済が2,000円からでOKなので、毎月の生活費を無理に抑えることなく利用ができます。

気になる申し込みも、来店不要でスマホやパソコンからこっそり審査を受けることができるので便利!

また、申し込みが可能な年齢も20歳から78歳までと非常に幅広いので(※安定した収入のある方が対象)、利用できる方が多いのも人気のポイントです。

個人的には無利息サービスも適用されるので、初めてお金を借りたい女性の方が特に狙い目のカードローンではないかと思います。

専業主婦の方でも借入可能なベルーナノーティスですが注意点あり!

ベルーナノーティスは、カードローンの中でも珍しく『専業主婦』の方でも借り入れが可能です。

ただし、専業主婦の方の借入にはいくつか条件があります。

まず大前提として【配偶者(夫)の同意が必ず必要になる】という点に注意してください。

自分だけの意思で借りようと思ってもできませんので、その辺は良く覚えておきましょう。

また、利用可能金額にも以下のような条件があります。

belluna-shufu

このように、配偶者(夫)の年収や借入残高が影響してきますので、もし借り入れする場合は、夫婦でよく話し合ってからの申し込みを推奨します

その他、専業主婦の場合、借入審査には以下のような書類が必要になってきますので、合わせてチェックしておいてください。

  • 婚姻関係の証明書(住民票)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 同意書(金融会社作成の書類)

以上のように条件はそれなりにありますが、専業主婦の方でも借り入れできるカードローンは現状、少なくなってきていますので、もし融資を希望されるのであれば、ベルーナノーティスは候補に入れておきたいですね。

提携ATM利用手数料は全て無料が嬉しい!ベルーナノーティス

ベルーナノーティスのローンガードである【メイプルカード】は、提携ATMの利用手数料が全て無料!なので、とても使いやすいと評判です。

しかもベルーナという、東証一部上場企業の安心感から、女性の方を中心に長期利用されている方もたくさんいらっしゃいます。

やはり、何気に気になるATMの手数料が全て無料というのはかなり魅力的ですよね!

具体的な提携ATMは

  • 三菱UFJ銀行
  • 東京スター銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • E-net

があり、特にE-netはファミリーマートやミニストップを中心に、デイリーヤマザキやスリーエフ、ポプラなどにも設置されていますので、利便性の点においても心配ありません。

また、急な借入が必要になってしまった場合でも、ベルーナノーティスなら【振込融資】も利用できます!

振込融資とは、自分が指定した口座に現金を振り込んでもらえるサービスです。

わざわざATMへ行く手間が省けるので、最近利用者も増えていますね。

このように様々なニーズに対応しているベルーナノーティスは、中堅どころのカードローンではありますが、融資の際は、候補に入れておいても間違いなさそうです。

最後に、ベルーナノーティスで融資を受けるなら以下の点に注意してください。

  1. 申し込み対象者は20歳から78歳までの安定した収入のある方
  2. 金利は4.5%〜18.0%、限度額は1〜300万円まで
  3. 申込→融資までのスピードはお時間がかかる場合が多いので、急ぎなら他社を推奨
  4. 延滞・滞納履歴のある方、債務整理経験のある方、年収の3分の1以上の借入がある方は審査に通らない可能性大
  5. 専業主婦の方の場合、配偶者にバレずに借りたい方は無理なので申し込みするだけ無駄

以上の注意点を確認の上、審査に申し込めば、無駄な合否を待つ必要がなくなります。

詳細はこちら

ベルーナノーティスの詳細

実質年率 4.5%〜18.0%
利用限度額 1〜300万円
返済方式 銀行引落・郵便引落・銀行振込
返済期間 最長9年9ヶ月
担保保証人 不要
申し込み資格 20歳から78歳までの安定した収入のある方で、当社基準を満たす方

公式サイトはこちら

▲ページトップに戻る