おすすめは人それぞれ違うのが無担保ローン

無担保ローンで融資を受ける際に重要なポイントは、なんといっても業者選びです。

借りる方の年齢や職業、年収、性別などを考慮すると、例えばAさんはモビットがいいけど、Bさんはプロミスがおすすめ、という風に人それぞれ最低な無担保ローンは変わってきます。

ですので、あくまでランキングは参考にとどめておき、自分に合った無担保ローンを選ぶことが、融資決定までの近道です。

無担保ローン人気ランキング3選

オリックス銀行カードローン
借り換えやおまとめもOK!の銀行カードローン。提携銀行ATMの利用手数料が無料だったり、銀行カードローンならではの低金利だから長期利用にも最適!もちろん来店&口座開設不要で「全国」から申し込み可能です。
金利 年3.0~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 最短即日
公式はコチラ
詳細はコチラ

三井住友銀行カードローン
銀行カードローンでは珍しく三井住友銀行の口座がなくても最短30分で審査か完了するので、お急ぎの方にもピッタリ。さらに口座をお持ちの方なら、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を付けることができるので、わざわざカードを取りに行く必要がなく、煩わしい郵便物も不要なので、家族にバレる心配もありません。
金利 4.0~14.5%
契約極度額 最高800万円
審査時間 最短30分
公式はコチラ
詳細はコチラ

みずほ銀行カードローン エクゼクティブプラン
初めて融資を希望される方や安心してお金を借りたい方にピッタリの銀行カードローン。みずほという大手ならではの利便性は利用者にも好評です。さらに限度額200万円までなら審査の際、収入証明書不要で借入可能です!
年利 年3.0%~7.0%
限度額 最大1,000万円
審査時間 最短即日

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
※年3.0%は引き下げ適用後の金利です。

公式はコチラ
詳細はコチラ

無担保ローンで借り入れを検討している方はまずコチラをご確認ください。

無担保ローンとは、主に消費者金融に代表されるノンバンクや銀行のカードローンのことを主に指します。他には、クレジットカードのキャッシング機能も無担保ローンに当てはまるのですが、逆に、クレカの主な利用目的である「ショッピング利用」においてはローンという概念ではないので、当てはまりません。

無担保ローンの主な特徴としては、やはりお金を借りる際に担保が必要ないというのは非常に大きなメリットです。大体、お金を借りたいという方の多くは、担保にできるようなものを持っている方は少ないので、無担保というのは非常に魅力的です。

現に、消費者金融や銀行のカードローンで担保が必要なケースは、個人融資に限っていえばまずありません。

そういった背景から、意外と多くの方が無担保ローンを利用されています。

また無担保ローンとは、その名の通り担保がないローンという意味ですので、例えば殆どの方が住宅を購入する際に利用する「住宅ローン」は、借入の際、家や土地が担保になりますので、無担保ローンにはなりません。

では、こちらも多くの方が利用するであろう自動車のローンではどうでしょうか。

これは少々複雑になっていて、簡単にいうと、銀行などの自動車ローン(マイカーローン)と車のディーラーローンでは融資の方法が違います。

ディーラーのローンは購入する車自体に担保をつけるので、無担保ローン(総量規制)には当てはまりません(くわしくはコチラで解説しています)。

無担保ローンは文字通り「担保が必要ない」という意味のローンですが、その分、審査は慎重に行われます。

ただ、審査といっても必要以上に心配することはありません。

金融業者にもよりますが、パートやアルバイトでも安定した収入があれば、十分お金を借りることは可能です。

また無担保ローンの中には主婦でも借入できる業者もありますので、急なお金の出費がある主婦の方にも心強い味方となってくれるでしょう!

無担保ローンとキャッシングの違ってなに?

結論から言いますと、どちらもほぼ同じ意味ととらえてもらっても構いません。

消費者金融でも銀行カードローンでも担保が必要ないものは無担保ローンと言えます。

ただ、例えば無担保型の教育ローンなど、使用用途が限られた無担保ローンというのも存在します。

それらの場合は、使い道はもちろん金利や申込資格、審査方法などが通常のキャッシングサービスと異なる商品もありますので、その辺に違いがあるといえばあることになりますね。

ただ一般的には、無担保ローンとキャッシングの間に大きな違いはなく、ほぼ同じ意味と考えてよさそうですよ。

▲ページトップに戻る